ニュースかじりむし

ニュースかじりむしは、2chやTwitterなどで話題のニュースをまとめています。



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【【画像あり】青森のローソンが豪華すぎると話題に!!!】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    【川栄の水着姿の腹えちえちでワロタwwww】の続きを読む


    日本大学アメリカンフットボール部の選手(20)が、関西学院大学との定期戦でした「悪質タックル」問題。5月23日に日大の監督・コーチが記者会見を開き、「『ケガをさせてこい』と指示はしていない」と、選手の主張を否定した。

    説明に納得できない報道陣から質問が飛び続けたが、日大広報が会見を打ち切ろうとしたため、批判がさらに拡大している。

    日大の大塚吉兵衛学長も5月25日に記者会見を開いたが、第三者委員会の調査があるとして、監督・コーチに対する評価については「控えたい」とコメント。一方、「コミュニケーションが成立しなかったのかもしれない」など、選手の誤解が問題だったかのような発言を繰り返した。

    それだけに5月22日にあったタックルした日大選手の会見に対する世間の評価は高まる一方だ。

    不祥事などが起きた際、代理人として弁護士はどのような対応をするのだろうか。選手の会見をどう見たのか、危機管理時のメディア対応の業務をしている都内の弁護士に評価を聞いた。

    ●充実した陳述書、ケガした選手への謝罪など手順もバッチリ

    ーーまず、日大選手の会見について、どのように感じましたか?

    あれ以上はできないんじゃないかと思います。選手本人も含めて、それくらい良い会見でした。ここまで過熱している案件では、事実を伏せたり、隠したりするなど、何か苦しい部分があったら、まずうまくいきません。

    選手が顔を出して記者会見を開くことには、リスクも大きかったはずです。選手が、自らの責任を正面から認めて謝罪した上で、生々しい事実関係を自分の言葉で率直にお話しされたことで、本件の事実関係について「真実」を話し、本当に反省しているという印象を世間にもってもらえたのではないかと思います。結果として、メディアも含めて世論を「味方」に付けることができたのではないでしょうか。

    ーー特にどういうところが良かったのでしょうか?

    まず、会見の目的が、被害者への謝罪と謝罪の前提としての事実関係の説明であるとことを明確に打ち出したことが良かったです。このことは、会見前に配られた資料でも、冒頭の代理人による説明でも明確に伝えられていました。

    記者会見はともかく開けばいいというものではありません。何のためにどうして記者会見をするのか、目的を冒頭に明確に打ち出し、その目的通りに記者会見を行ったのは、メディア対応として優れた対応かと思います。

    また、メディアには時系列をまとめた資料と陳述書の2つが配られていましたが、いずれもよく練られたものだったと思います。

    会見が始まる前に、会見に至る経緯についての時系列が配布され、会見開始後に代理人の弁護士からも読み上げられ説明がありました。その後、本人が陳述書に沿って、本件に関する詳細な事実を語りました。

    このように、メディアが聞きたい「いつ、何があったか」を冒頭でまとめて出したことで、選手の負担感は減ったと思います。この対応がなければ、質疑の際に、メディアから時系列とは関係なく五月雨式に事実関係の質問があったはずです。そうすると、選手にも、相当の負担があったかと思いますし、事実関係をわかりやすく説明することも困難だったと思います。

    この点、5月23日にあった日大の監督・コーチの会見は、情報が整理されておらず、記者からの反発を受けるという対照的な内容でした。

    選手の陳述書は、非常に質が高いと感じました。コーチから試合前に、「監督に、お前をどうしたら試合に出せるか聞いたら、相手のQB(クォーターバック)を1プレー目で潰せば出してやると言われた。『QBを潰しに行くんで僕を使ってください』と監督に言いに行け」「相手のQBと知り合いなのか」「相手のQBがケガをして秋の試合に出られなかったらこっちの得だろう」と言われたことや、試合後に泣いているところをコーチに見られ「相手に悪いと思ったんやろ」と叱責されたことなど、「潰せとはいったが、ケガをさせろとはいっていない」という日大側の反論を潰せる根拠となるやりとりもきっちり盛り込まれていました。これだけ詳しいと、メディアも記事にしやすいでしょう。

    一方、大学側の会見ではこれらを明確に否定できず、批判の矛先は大学に向けられることになっています。

    陳述書は会見後、メディアに配られていましたが、これも考えた上での対応だったかもしれません。事前に配ってしまうと、記者が本人の言葉をしっかり受け止めてくれなかったり、質疑がより細かい部分に及んでしまったりするかもしれないからです。

    また、配布資料によると、陳述書は5月19日の作成です。試合があったのが5月6日で、5月16日には代理人からの聞き取りがありました。詳細な記憶は薄れていくものなので、早めに弁護士に相談した選手の父親の判断が功を奏したと言えるでしょう。

    代理人も迅速に対応しています。本人も会見の前にケガした選手に謝罪するなど、なすべきことを迅速に対応しているのも、非常に好感が持てます。後手にまわっている日本大学の対応と比較すると、なおさらです。

    事件後の事後の対応についても、やるべきことをきちんとやっていることも、選手の会見内容の信用性を、間接的に補強する一因となったかと思います。仮に、やるべきこともやらずに、一方的に自分に有利な主張だけをしていたら、「世間」の支持を得ることは難しかったでしょう。

    ●メディアの動きを予測することが大切

    ーー会見を開く際は、事前の準備をすると思います。一般的に、想定質問はどのように考えるのでしょうか?

    流儀はそれぞれですし、すべてに適用できる方法はないので、以下はあくまでも一例です。

    事実関係については、会見の段階では伏せておきたい事実がある場合、どうしても質疑の中でつじつまがあわない部分が出てくるので答えるのは大変です。一方、自らに不利な事実も含めて全てを話してもよいと本人が腹をくくれるなら、自分が経験した事実をありのままを伝えれば良いので、話してはいけないことはかなり限定できます。

    困るのは、事実関係以外の感想などを聞かれる場合です。たとえば、今回のような場合、マスコミとしては、「ケガした選手が良いと言ったら、またアメフトをやりたくないですか」「監督・コーチへの一言(文句)はないですか」といった質問に対するコメントがほしいと考えられます。

    そのほか、「もしあのとき○○だったらどうでしたか」という仮定の質問や、法的な責任に関する質問、関学大の選手側に関する質問などもあります。こうした質問に対して、方針を決めたり、話していいこと、話すべきではないことを確認したりします。

    今回のケースで行けば、いくら質問がしつこくても、少しでも責任回避的と受け止められる発言やアメフトへの未練は絶対に言わないという方針があったのではないかと思います。ただし、会見を見た印象では、選手本人の意思も堅かったようですので、「準備」したのではなく、ありのままの気持ちをお話しされたのではないかと思います。

    また、不確定な事実や自分が経験していない事実、推測についてはコメントしないのが鉄則です。

    このほか、私は依頼者に対して、(1)質問の意味が分からず答えるのは話が混乱するので、質問の趣旨が分からなければ、聞き返してもよいこと、(2)メディアは自分のほしいコメントが出るまでしつこく質問することもあるが、キレずに辛抱強く回答すること、(3)同じことを何度も答えることになるがブレないこと、の3点を意識してもらうようアドバイスすることが多いです。

    ●アドバイスはするけど、「本人の言葉」でないと説得力は出ない

    ーーそうすると練習もかなり必要になってくるのでは?

    練習の回数は本人によりけりでしょう。練習しすぎて「覚えていることを吐き出す」という感じになってしまうと、見ている人に分かってしまい、かえって逆効果です。想定問答の答えを覚えてもらうのではなく、多少きつめの質問のやりとりを角度を変えて行い、あとは本人に任せるということも多いです。

    その点、今回の選手の会見は、ネットなどの反応を見ても、「立派だった」という感想が多数でした。

    弁護士が細かくアドバイスをしすぎると、「臭く」なってしまいがちです。今回は、本人の性格もあるのかもしれませんが、朴訥な喋り方で、よく考えている、経験した人でないと分からない事実を「自分の言葉」で話しているという印象を持ってもらえたのではないでしょうか。

    ーー会見では弁護士が途中で質問を引き受けるシーンもありました。弁護士はどういうときに介入してくるのでしょう?

    あまりに質問が厳しいときや、本人の頭が真っ白になってしまったと感じたときは、横にいる弁護士が合いの手をいれて、間を空けるということもあります。また、事件後の対外的なやりとりの時系列は、弁護士が客観的に説明した方がわかりやいことが多いでしょう。

    ただ、弁護士が喋りすぎると、メディアの反感を買うこともあります。本人が何とか受け答えできるなら、大変であったとしても本人に話して貰った方が効果的な場合が多いでしょう。

    その点からすると、今回は20歳の学生があれだけ多数のメディアに対して、多くを自分の言葉で語っていました。仮に、もっと年齢が上の社会人でも、あの場面で冷静さを保つのは難しい場面ですので、立派だったと思います。

    本人の精神力はさることながら、代理人なのか、ご家族なのか、ご友人なのかは分かりませんが、メンタル面を強くサポートする人物もいたのではないでしょうか。

    (弁護士ドットコムニュース)

    日大騒動、危機管理対応の弁護士がみる「会見」の落とし穴…選手が評価、監督が酷評されたワケ


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日大騒動、危機管理対応の弁護士がみる「会見」の落とし穴…選手が評価、監督が酷評されたワケ】の続きを読む



    (出典 data.smart-flash.jp)



    【【芸能】加藤綾子がグラビア挑戦も「ダレノガレ明美にしか見えない」の衝撃!】の続きを読む



    (出典 xn--zck8ci9591bzonbkq1xt.com)



    【【朗報】西野七瀬さんの文春砲爆速で鎮火、乃木坂ヲタ「そもそもスタッフ4,5人と一緒にいる写真だけで熱愛とか言われても(笑)」】の続きを読む


    (Tomwang112/iStock/Thinkstock)

    交際していない男女が同じ部屋に泊まる。「まさかの展開」があるかも、と期待や不安を抱く人は少なくない。中には、男性の家に女性が一人きりで泊まることに「何かあっても仕方がない」と考えている人すらいるだろう。

    このことについて、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』のとあるトピックが話題になっている。

    ■男性の家に「女性一人」はありえない?

    「付き合ってもいない男性の家に一人で行くのってやられる覚悟の上ですよね?」と訴える投稿者の女性。

    友人の女性が、交際している恋人がいながら他の男性の家に行って襲われそうになり、その都度、男性に幻滅するパターンを繰り返しているという。友人に呆れているようで「男の家に行ったんだから当たり前でしょ」と言うが、友人は「そうだとは思わなかった」と襲われることは考えてもいないようだ。

    一方、投稿者は当時好きだった先輩の家で男女の関係を経験したことから「男の家に一人で行くのは同意してるようなものだ」と考えているとのこと。そして「男の家に行って何も起こらないと本当に思っているのでしょうか? また手を出さない男性なんて存在するのでしょうか?」と掲示板に意見を求めた。

    ■「覚悟なく男の家に行こうなんて思わない」

    投稿を受け、多くの女性からは「家に行く=関係をもつ可能性がある」との声があがった。

    ・男の家に行くってことはもしかして手を出されるかも!って考えたほうがいい。てか普通考えると思う。それなのに手を出されて被害者ツラする奴いるから笑う

    ・私だったら家行って何もされなかったら、え⁈ そんなに私、魅力ない⁈ って思ってしまうから絶対そうなりたくない人の家は行かない(笑)

    ・家に行くってイコールそういうことだと取られてもおかしくないよ。私も相手の家に上がるときはそういう感覚は持つ。そういう考えなしに男の家上がるとか危機感ないねその子

    ・正直普通に小さい頃から危機管理は教えられるよね? 覚悟なく男の家に行こうなんて思わないよ。普通に危ないし

    ■「その気で泊まりに行ったのに何もされなかった」

    一方で少数ながら「手を出さない男性もいる」との声があがった。

    ・中には居ますよ。手出さない人も

    ・手を出さない人なんてたくさんいると思います。もともと家に行くってことは好きの感情じゃなくても好意を持ってるから行くのであって、どうでも良い人の家になんてまず行かなくない?

    ・私付き合って3ヶ月の彼氏の家に呼ばれたけど何もされなかったよww期待してた自分が恥ずかしい…

    ・私もその気で泊まりに行ったのに何もされなかった。シャワー浴びて出てきたら寝よっかって別の布団用意されてたわ。その後も何回も泊まったけど何もなし

    ■「部屋で男女がふたりきり」はOKの合図?

    しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,345名に「男女が部屋でふたりきりになったら」と調査したところ、約3割が「その女性は性行為を望んでいる」と思っているようだ。

    (©ニュースサイトしらべぇ)

    男女・年代別で比較すると、20代男女に意識の差が見られ、女性のほうが10ポイントほど「OK」と考えていることがわかった。

    「部屋にきたってことはOKってことだよね」と確認するのは無粋と考える人が少なくないのもまた事実。泊まることは問題ないが、男女ともに意識を共有しておく必要があるのはたしかだ。

    ・合わせて読みたい→男女の意識差に驚き!恋人が初めて部屋に来た時ジロジロ見られたくないのは?

    (文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
    対象:全国20代~60代 男女1345名




    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    >「付き合ってもいない男性の家に一人で行くのってやられる覚悟の上ですよね?」と訴える投稿者の女性。これ男性が同じ発言したら*まで叩かれ粘着され身バレまで行くやつやな。


    でも無理やりしようと思えば男が捕まりますw


    覚悟のススメ


    今のご時勢は女を抱くのは博打と同じ。訴えられれば犯罪とされるのだから、分の悪い賭けと考えるのは当然だろうね。*の方がよっぽどマシ。


    だいたい一人で男の家に行くイコール交尾OKなんて連想を暗号として利用するから話がややこしくなるのだ。宿泊は宿泊、交尾は交尾。同時に行うなら両方とも事前に明確な了承を得るべきだ。


    男友達なら宅飲み、恋人ならヤる可能性大以外に答えがあるのか?


    その前に自分の部屋という”聖域”に他者を入れる事をしたくないけどね。


    行くだけならともかく、泊まるのなら、一般的に男女の関係になった現場として取られるでしょう。既婚者や交際相手が別に居るなら浮気現場の証拠として十分だと思います。


    どのくらいの関係性であるかってことと、男の価値観によるんじゃないですかね  どうであれ女が入ってきただけで襲っちまうような猿はそもそも交友の対象にしちゃだめ


    お覚悟を。


    山口メンバー「」


    あー、今更だけどベッキーの一件を思い出してしまった


    2015年の調査データを引っ張り出してきたのか・・・


    *の家に1人で泊まるとやばいってはっきりわかんだね


    ■「その気で泊まりに行ったのに何もされなかった」ってのは当然だよなあトラブル怖いし


    ナニコノ頭悪い記事


    上にあるクラフト隊長の言葉が完璧理論ですわ


    「覚悟完了」して、その気がなければどうすれば逃げられるのかを想定しないと。覚悟ってのは受け入れることじゃねえぞ。


    彼女ならともかく、そうじゃない女なら言われてもメリットがなきゃしない


    DNA鑑定があるのでうっかり女性が妊娠したらえらい目にあうのは男性も同じなので 責任を取る気がないなら 襲うべきではない時勢なのだが 据え膳が未だ大丈夫という思考回路の男性がおおいのだろうか?


    男女の友人関係拒んでるのってこういう暗黙の了解のコード使う異性愛者のせいだろ


    中学の生活指導でも「女子は男子の部屋に行かないこと。同意と取られるから。」って指導してるんだが・・・


    用がないなら帰れ!


    サッー!(迫真)


    価値観や付き合い方は人それぞれなんで手を出さない人も多いだろうけど、女性は二人きりで泊まるなら手を出されるかもとは思って注意したほうがいい。完全な同意だとは思わなくても、OKサインだと思う人もいる。あと記者は途中で内容を微妙にずらしてる。


    女側の気分次第で*されたとか言われて警察がそれを鵜呑みにする可能性が無視できないレベルなのでお断りします


    誰もお前になんか手出さんわ


    終電無くなって泊めたことあるけど、気がない相手に手を出す気がまず起きない。互いに明日も仕事なのでって感じだったなぁ……。まあでもこういうのは人によるし、同意とみなす男もいるだろうから気を付けるに越したことはないさ。


    泊まりに来るとか、襲ってねって言われてるようなもんだろ と思ったけど、今のご時世は、アレか・・・。襲うよりまず言葉で誘うべきやな


    手を出しても出さなくても叩かれる不憫な性別だな、男って笑


    「襲われることは考えてもいないようだ」って本当かねぇ。 俺にはその可能性をしっかり考えた上で、相手の男性を試しているようにしか思えないのだが。


    《交際している恋人がいながら他の男性の家に行って襲われそうになり、その都度、男性に幻滅するパターンを繰り返しているという。》 精神科への受診をお勧めします


    なにもしないならかえれ!


    男っておサルさんしかいないの?


    というか泊まるときはコンビニでコンドーム買えばいい。それで帰れば同意無し。そのまま家に泊まれば同意有り。って法律に書いとけ。


    「男女の友情は成立しない」とか、「金持ちや容姿がよくなければ相手にされない」とか、そういうのおサルさんたちの戯れ言だから。おサルさんたち自身が女性を「そう」見てるから、女性も「そう」思ってるに違いないと思い込んでいるだけだから。


    ある意味、異性に対する偏見というか、また男を悪く言える場を作ってるというか…なんか、納得いかない。


    勝手に期待して勝手に幻滅するバカ女多すぎィ


    薄い本ですね、分かります。


    よし!ボッチの俺には全く関係ない話だな!(白目)


    今日日泊める側の方がリスクが大きいとかいう闇


    男がその女性に性的魅力を感じるか否か、その1点に尽きる。たとえばものすごい美少女でも相手の男が熟女にしか欲情しなければ何も起こらないし。


    つーか無言で無理矢理しようとするのが前提なんおかしない? しようぜーなり何なり言えばいい話ちゃうん?


    絶対クラフト隊長いるとおもったわw


    危機意識として同意と同レベルって認識は持つべきだとはおもう。ただし男が絶対やるってのはさすがに偏見ワイなら絶対しないっていうかできない(草食系感


    暗黙の了解をやめろ。一言聞くだけでだいぶ違う


    女がアクション起こすまで男は動かなけりゃいい。男がリードするってのもセクハラらしいからな。一線超える勇気と努力を今後は女に担ってもらおう。


    男が男の家に泊まっても同じことが言えなくもないゾ


    「暗黙の了解」とか「意識の差」というレベルの話ではない。男女が密室で二人きりになれば性行為に至る可能性が高いし、女性側にその気がないのなら避けるべきだと多くの国で言われてる。ほとんどの場合若い男は女と二人きりだったらエッチする事を考えるのが本能。極少数の例外や女の感覚を持ち出して「そうだと思わなかった」は無防備過ぎるぞ


    行っただけならギリ、と言えなくもないが泊りまで入れたら流石にねえ。あ、我が家は誰も入れたくないんで。そんなことになる可能性自体最初っからないけどな!


    「女性と二人きりになったら手を出して当然」というのは男性をバカにした考えだよな。でも何故か男性の中にもこの手の意見に賛同しちゃう奴がいるんだよな。


    要は大なり小なりその家の人と関係進行度を上げるイベントなわけで。 実際に行為に及ぶかは進行度の上昇に個々の振れ幅違いがあって、且つ男女の場合、だいたい性的なそれになるだけ。


    「この世界の片隅に」そのなかで、すずさんと水原が納屋で一緒になるシーンがあるけど、「同意」がなんなのか、理解できない出来ないオスには、水原の判断は一生理解できないだろなと。


    性教育って大事だわ


    ネットの匿名掲示板って時点で察します


    女友達にも手を出すなら、男女の友情は成立しないってことでFA?


    それはむしろ男子に対して「女子が部屋に来たからといって同意と受け取らないこと」という指導をした方がいいのでは。>wk


    「襲われる」とか「覚悟」なんて言葉使って一方的に決めつけて語ってるけど、そもそも期待してなかったら泊まりになんて行きません!勿論、全員がそうとは言わないけど


    「何もやってない」って証明できない事はしない方がいいよ 旦那や彼氏がいたら普通に浮気したと認識するから


    ヤられるかも?って意識はすると思う。男から見ても「ああ、これは警戒されてんな」って気づくもの。で、一度は帰るんだけど20分くらいしてふらっと戻ってくることがあるんだ。あれは腹を括ったと捉えてもいいんだろうか。俺はチキンなので結局手を出さないんだけど





    笑えるものから恐怖を覚えるものまで漫画のジャンルは実にさまざまで、暇つぶしから趣味に至るまで漫画を活用している人も非常に多いかと思います。
    特に読み応えのある業界ものは普段漫画を読まない層にも人気があり、知識を視覚的に得られ、親しまれていますね。

    そこで今回は「一番ためになる業界漫画」をアンケート、ランキングにしてみました。
    一番ためになる業界漫画とは、一体どの作品だったのでしょうか?

    1位 バクマン。
    2位 銀の匙 Silver Spoon
    3位 闇金ウシジマくん
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は『バクマン。』!

    漫画家が描いた漫画家物語、『バクマン。』が堂々の1位に輝きました。
    絵が非常に上手な真城最高と、常に学年トップの高木秋人の二人がコンビ漫画家を目指すという変わったストーリー。実際の漫画業界に触れつつ二人が成長する姿が描かれました。
    漫画家の叔父を持つ最高は漫画業界の厳しさを説明、また実際の編集者とのやりとりや、掲載・連載・打ち切りのシステムなどが作中で語られ、漫画家を目指す人にとっては教本に近い存在となりました。

    2位は『銀の匙 Silver Spoon』!

    親への反発から農業業界入りをした、『銀の匙 Silver Spoon』が2位を獲得しました。
    きっかけはどうであれ一般人がなかなか知り得ない農業界を体験する展開となっており、普段口にしているものの実態や農業界全体の問題など、なかなか考えさせられる作品となっています。

    3位は『闇金ウシジマくん』!

    闇金の奥深さがわかる、『闇金ウシジマくん』が3位にランク・インしました。
    闇金がどう運営されているのか、どんな人がどうして闇金に手を出すのかなど、業界の闇の底を見せるような作品にかなり注目が集まっています。

    いかがでしたか?
    筆者はお酒を好きになった原因である『BARレモン・ハート』推しなのですが、14位という結果に「頼むから1回読んでよ!」と思わずにはいられませんでした。

    今回は「一番ためになる業界漫画ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~40位のランキング結果もぜひご覧ください!

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:2,361票
    調査期間:2018年4月07日~2018年4月19日
    一番ためになる業界漫画ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【一番ためになる業界漫画ランキング】の続きを読む



    (出典 www.rakuteneagles.jp)



    【【衝撃】楽天のチアガールがエチエチだと話題に】の続きを読む



    (出典 mv-gossip.up.seesaa.net)



    【【芸能】 日テレ水卜麻美アナ「横山裕との結婚」視野に退社か】の続きを読む



    (出典 brandnew-s.com)



    【【速報】 山口達也が口説いていたアイドルの実名が公開されるwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ