ニュースかじりむし

ニュースかじりむしは、2chやTwitterなどで話題のニュースをまとめています。

    カテゴリ: 面白ネタ


    「親が死んでよかったね」 ブラック企業に寄せられた衝撃の体験談を弁護士が一刀両断 | ニコニコニュース



    香典

    (kf4851/iStock/Thinkstock)

    国会では、「働き方」が大きなテーマになり、さまざまな企業で「働き方改革」が進む昨今。しかし一方で、ブラック企業に悩む人も少なくない。

    ■弁護士が対策アプリを開発

    東大法学部卒業の弁護士であり、大手戦略コンサルティング会社で経営コンサルタントとして勤務した経験も持つ南谷泰史さんは、スマホアプリ『残業証拠レコーダー』を開発。

    GPS機能を使って、未払い残業代請求のための法的証拠を自動で残せるというサービスだ。南谷弁護士が、サイトで「ブラック企業でのエピソード」を募集したところ、予想を大きく上回る体験談が寄せられた。

    その中でも衝撃的なブラックぶりな体験を紹介しよう。

    ■家族がガンになって…

    ひーるそんさんがある企業に勤め始めてすぐのこと、母親に重い病気が見つかったという。

    「入社2年目のことです。母親がガンになり、その看病と病院通いのため、残業など(当然サービス残業です)あまり協力できないことを伝えました。上司に承知してもらえたのでよかったと思いましたが、先輩や教育係に『自分だけ大変だと思うな』『母親が病気なんて、仕事に関係ない』などと言われました。

    自分にも甘えがあり、先輩方の言うとおりだと思い、歯を食いしばって何とかこなしました。結局、母親は亡くなりましたが、その後、仕事に打ち込めるようになりました」

    ■先輩「お母さん、死んでよかったね」

    もっとも身近な家族の闘病と死。それに歯を食いしばって耐え、仕事に打ち込むという状況も、すでにブラック企業に「洗脳」されているように感じられるが、さらなる悲劇が襲うことになる。

    「ところが例の先輩に『お母さん、死んでよかったね。仕事、集中できるようになって!』と言われ衝撃を受けました。上司に抗議しても、『その通りだろ』という対応。

    あまりにも衝撃が大きく、私自身も病気になりそのまま退職しました。あのタイミングで会社の狂気に気づいてよかった! 母親が教えてくれたのかもしれません」

    体を壊してしまったものの、ブラック企業を離れることができたひーるそんさん。しかし、本人にとっては許しがたい記憶の1ページだろう。

    ■弁護士の見解は…

    こうした先輩や上司の発言、会社の文化に法的な問題はないのだろうか。鎧橋総合法律事務所の早野述久弁護士に聞いたところ…

    本件では、上司や先輩の行動が違法と判断されるポイントが2つあります。1つ目は、根底にあるサービス残業の文化です。会社が従業員に対して残業代を支払わずに残業させるのは、労働基準法37条に違反し、違法です。

    母親の看病が必要なひーるそんさんにサービス残業を強いるほどこの会社ではサービス残業・長時間労働が常態化していたのでしょうが、ひーるそんさんが労基署に申告すれば行政指導の対象になりますし、悪質な場合は刑罰(6か月以下の懲役又は30万円以下の罰金)が科されます。

    2つ目は、「お母さん、死んでよかったね。仕事、集中できるようになって!」という発言です。ひーるそんさんがサービス残業を強いられ、母親の看病もまともにさせてもらえなかったという事情も踏まえると、このような人格否定的な暴言はパワハラとして違法になる可能性が高いでしょう。

    早野弁護士によれば、「違法性が認められた場合、ひーるそんさんは30~50万円程度の慰謝料を請求することができる」とのことだ。

    こちらのブラック企業エピソードは6月10日まで募集中とのこと。気になる人は、相談の意味も含めて応募してみよう。

    ・合わせて読みたい→違法じゃないと言われても… 社員が「ブラック企業だと思った」待遇3選

    (取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/日本リーガルネットワーク

    「親が死んでよかったね」 ブラック企業に寄せられた衝撃の体験談を弁護士が一刀両断


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「親が死んでよかったね」 ブラック企業に寄せられた衝撃の体験!!!】の続きを読む


    入社1か月で辞めたモンスター新人の言い分「耐えることに何の意味がある?」 | ニコニコニュース



    「最近の新入社員は我慢が足りない」とは、よく聞くセリフ。4月の研修が終わり部署に配属されたものの、さっそく会社を辞めてしまう新入社員もいるようだ。彼らは“モンスター新入社員”なのか。その言い分、感覚とは……!?

    ◆すぐ辞める新入社員の言い分とは!?

    「思い描いていた会社と全然違いました。そのままダラダラ続けるよりも、早くやりたいことを見つけたいというか……」

     今春に東京の大学を卒業し、都内の一部上場メーカーに就職した堀田さん(仮名・男)は、5月中旬には会社に辞表を提出。今は、学生時代にアルバイトをしていた飲食店で週に3~4回働き、秋採用や第二新卒向けの就職セミナーに通う日々を送る。

     辞表を提出してから退職するまで、少なくとも「1か月」はあけるものだが、堀田さんの場合はすぐ辞めてしまった。

    「新人だし、部下もいないし、引き継ぎもない。そういう無駄なことは意味がないと話しました。そもそも、内定が決まるまではいかにも“お客様”扱いだったのに、入社した途端に“会社の歯車”的なことを言われた。面接では個性だなんだと言っておきながら、今度は個性を出すな、言われたとおりにしろ、と真逆のことを言われているような気がして……面接のときに話していた内容とまるで違う」(堀田さん)

     大卒者の就職率が98パーセントを超えるという超売り手市場。堀田さんも第一志望の会社に就職したはずだったが、本当に行きたかった超大手商社の採用試験については「受かるわけがない」とエントリーシートすら送らなかった。

     高い就職率ではあるが、学生全員が自身のやりたいこと、夢だった仕事に就けるわけではない。一方、売り手市場だからこそなのか、学生たちに「選ぶのはこちら」とか「ここがダメでも次がある」といった、ある意味で「思い上がり」的な面を感じなくもない。

     同じように新卒で関西地方の通信インフラ企業に就職し、GW明けに会社を辞めた丸田さん(仮名・女)は、日本の新卒採用プロセスに疑問を呈す。

    「金髪を黒に染め、ミニスカを脱いでみんなが同じスーツを着て一斉に就活する……。これって日本とか韓国だけらしいんですけどキモくないですか? 私は英語が出来るので、海外で活躍できる部署を志望していたし、採用面接でも『そういう現場で活躍して』と言われた。なのに配属は法務部。上司は『いろんな部署を知っておいたほうがいい』とも言っていましたが、それは死ぬまでこの会社にいるならそうでしょう。私はそうではない

     確かに日本では、一括採用された後は、自身がどんな部署に配属され、どのような仕事をしなければならないのか、ベールに包まれている。よほどの専門的知識、技術を身に着けている場合を除けば、学生は会社に決められた部署で、言われたことをやらされる。もちろん、そんな専門的知識や技術を持ち合わせている学生のほうが少ないわけだから、新社会人は当面のところ“会社の歯車”にならざるを得ない。

     東京都内の大手マスコミ人事担当者も言う。

    「30年ほど前のバブルの頃に似ています。当時は内定者を囲うために小遣いをあげたり飲みに連れて行ったりしていましたが、今はそういうことはできないですよね。優秀な人材は各社の取り合いです。学生たちに選んでもらわなければならない。
     我々も腐心していますが、当時と違うのは、昔ほど新人に給与を支払えないということ。そうであれば……と、学生の皆さんは“やりたいこと”ができる環境を望んでいる気がします。なのに会社側はわかっていない、ということは確かにある。採用プロセスも含めて、いま大きく変わりつつあると思います」

     すぐ辞める新入社員たちに「我慢が足りない」といったところで、彼らには何も響かないし、「耐えることに何の意味があるのか」ということなのだろう。もちろん、「すぐに辞めては会社に迷惑がかかる」「世間体が悪い」などの、従来型の感覚で仕事に励んでいる若者たちも大勢いるのだが。

     今後は人材不足・若者不足がより顕著になっていくなかで、企業側や社会が学生たちの感覚に寄り添わなければ辞められてしまう……ということだろうか。<取材・文/森原ドンタコス>

    ― モンスター新入社員録 ―



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【入社1か月で辞めたモンスター新人の言い分wwwww】の続きを読む


    ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

    【簡単に説明すると】
    ・新宿駅構内で悪質タックルをする男が目撃
    ・女性にだけタックルをする
    ・目的はなんなのか?

    悪質タックルをする男

    新宿駅にて女性にだけ悪質タックルをする男の姿が目撃され、更に動画撮影された。

    男は黒いリュックを背負い、歩きながらターゲットの女性にくけてわざと肩をぶつけながら歩いている。被害にあった女性は数名で幸いにも怪我をした人はいなさそうだ。
    悪質タックルをする男は数日前から目撃証言が挙がっていたが、動画撮影されたのは今回は初。
    単に憂さ晴らしなのか、女性が嫌いなのか。基本的に自分より弱いとみられる女性にしか肩を当ててないようだ。

    これが切っ掛けで特定に至ると今まで被害に遭った人も名乗り出やすいだろう。

    どんな目的で行っているのか全くもって不明だ。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【動画】新宿駅で女だけに悪質タックルをする男が撮影されるwww】の続きを読む

    このページのトップヘ